最新おすすめサイト

みんなのアンテナ!

【懐かし漫画】††小公女セーラ243章††

懐かしアニメ昭和
1 : 名無しか・・・何もかも皆懐かしい2020/04/08(水) 20:07:19 ID: ???.net
††小公女セーラ235章††


††小公女セーラ236章††


††小公女セーラ237章††


††小公女セーラ238章††


††小公女セーラ239章††


††小公女セーラ240章††


††小公女セーラ241章††


††小公女セーラ242章††
23 : 名無しか・・・何もかも皆懐かしい2020/08/03(月) 11:37:32 ID: ???.net
我々は>>1こと大塚息吹が何故このようなスレッドを立てたのかという疑問を解決するため、
>>1こと大塚息吹の故郷である神奈川県横浜市栄区公田町に向かった。
「まだ日本にこんなところがあったのか…」
思わず口に出てしまった言葉を同行した上司に失礼だと咎められた。

小人が住むような小さな家、ツギハギだらけの服を着る農夫たち、そして彼らは余所者で身なりのいい我々を監視する様に見詰めている。
バブル経済だの、ファミコンブームだの、ミニ四駆ブームだので浮かれていた我々は改めて農村の現状を噛み締めていた。

ボロ屑のような家に居たのは貧相で老いた母親一人
我々を見るなり全てを悟ったのか、涙ながらに
「息子が申し訳ありません」と我々に何度も土下座して詫びた。

我々はこの時初めて>>1を許そうと思わなかった。
誰が悪い訳ではない、農村の貧しさが全て悪かったのだ。
我々は>>1の母親から貰った干し柿を手に、打ちひしがれながら東京へと帰路についた。

引用元:https://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/ranime/1586344039/l1000

コメント

タイトルとURLをコピーしました